加納総合病院

ハートフルグループ

文字サイズ
標準
大きく

再診ご予約・お問い合わせ 06-6351-5381

診療科のご案内

診療科の特長

脳神経内科では、脳卒中(脳梗塞、脳出血などの脳血管障害)・てんかん・神経免疫疾患などの神経救急疾患から、パーキンソン病・認知症などの神経変性疾患まで様々な病気に対して診療を行っています。
特に、脳卒中については、脳神経外科と緊密な連携を取りながら、脳卒中センターとして超急性期から慢性期までの対応を行っています。
また、脳の病気以外でも、脊髄・末梢神経・筋に関連する病気に対して、神経伝導検査などの精査を含めた診療を行っています。

診療日のご案内

診療方針

意識障害、麻痺、痙攣など種々の神経症状に対して、神経学的診察・頭部画像検査・神経生理検査・神経超音波検査などを用いることで診断し、ガイドラインやエビデンスに基づいた診療を行います。
脳卒中では、tPA 静注療法や脳神経血管内治療といった超急性期治療が可能であり、また急性期治療の後も、回復期リハビリテーション治療・慢性期の外来ケア・病診連携に至るまで対応し、患者様に寄り添う質の高い地域医療を提供してまいります。
てんかん・神経免疫疾患・末梢神経筋疾患など病勢に個人差がある疾患では、当院で診断・治療を行いながら、病状に応じてより専門性の高い高度医療機関へのご紹介も対応しております。
パーキンソン病・認知症などの神経変性疾患では、検査・投薬治療以外にも、それぞれの患者様とご家族のライフスタイルに合わせた在宅環境調整(地域連携部門と協力)を行うことを心掛けており、患者ご本人およびご家族にとって満足度の高い医療を提供してまいります。

こんな時はご相談下さい

  • 歩きにくい、手足がうまく動かない
  • 手がふるえる
  • 顔がヒクヒクする
  • 物忘れがひどい
  • 手足がしびれる
  • うまく話せない

ドクター紹介

医長 / 村瀬 翔(むらせ しょう)
・医学博士
・日本内科学会認定内科医・指導医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本神経学会専門医・指導医
・日本脳卒中学会専門医
・日本脳神経血管内治療学会専門医
・日本医師会認定産業医
・大阪大学医学部医学系研究科 招へい教員