加納総合病院

ハートフルグループ

文字サイズ
標準
大きく

再診ご予約・お問い合わせ 06-6351-5381

診療科のご案内

循環器内科

診療科の特長

当院の循環器内科では以下の疾患の治療を行っています。

  1. 虚血性心疾患:狭心症、心筋梗塞
  2. 心不全
  3. 徐脈性、頻脈性不整脈
  4. 末梢動脈疾患
  5. 睡眠時無呼吸症候群
  6. 肺動脈疾患:肺動脈血栓・塞栓症、肺高血圧症
  7. 心血管系に原因を有する失神
  8. 高血圧
  9. 高脂血症

診療日のご案内

診療方針

患者様の訴えをもとに心電図、レントゲン検査はもとより、必要に応じて心臓超音波検査、頸動脈エコ-検査、運動負荷試験、ホルター24時間心電図、睡眠時無呼吸検査、胸部や腹部のCT検査の他、冠動脈CT検査、さらには入院して行う電気生理学的検査や冠動脈造影や下肢動脈造影検査など多岐にわたる検査を駆使して原因となる疾患を特定し、それに対し最新の治療を行うことを心がけています。

主な疾患と治療

以下のような症状があるときは循環器疾患の可能性があります。
循環器内科を受診して下さい。

症状 可能性のある循環器疾患
坂を登ったり重い物をもった時に、胸が圧迫されるが数分休むと症状が消える。また安静時にも症状が出現するようになる。 労作性狭心症、不安定狭心症
安静時、特に明け方に胸が苦しくなって目が覚める 冠攣縮性狭心症
軽い動作で息切れや動悸がひどくなる。 心不全、狭心症、肺血栓塞栓症、肺高血圧症
仰向けでは息苦しく眠れないが上半身を起こすと楽になる。 心不全
脈が速い、または脈が遅い 不整脈
動悸がする、その時に脈が乱れている 不整脈
突然意識を失った(3分以内) 不整脈、自律神経調節異常
急いで歩くとふくらはぎが痛くなる、少し休むと治まるがまた歩くと痛くなる 下肢閉塞性動脈硬化症
寝ている時に息が止まっていると言われる。昼も眠い。 睡眠時無呼吸症候群
健康診断で心電図異常と言われた。 すべての心疾患
健康診断で心雑音があると言われた。 心臓弁膜症、先天性心疾患
健康診断で胸部レントゲンにて心臓が大きいと言われた 心不全、高血圧
健康診断でコレステロールや中性脂肪が高いと言われた。 脂質異常症

ドクター紹介

副院長 / 谷浦 光一(たにうら こういち)
・日本循環器学会 認定循環器専門医
・日本内科学会 認定内科医
・日本東洋医学会 認定漢方専門医
・身体障害者申請認定医(身体障害者福祉法第15条指定医師)
・日本人間ドック学会 人間ドック認定医
部長 / 谷 明博(たに あきひろ)

・日本循環器学会 認定循環器専門医
・日本内科学会 認定内科医