加納総合病院

ハートフルグループ

文字サイズ
標準
大きく

再診ご予約・お問い合わせ 06-6351-5381

診療科のご案内

整形外科

四肢の外傷、骨折に高い技術力で対応します。腰痛、頸部あるいは腰部の椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、変性側彎症などの脊椎疾患に対しても高度な技術力を持っています。
また、膝痛、リウマチなどの関節疾患にも対応しています。

診療日のご案内

診療体制

整形外科は、大阪医科大学整形外科学教室の関連病院であり日本整形外科学会研修指定施設として、各々専門を持った3名の日本整形外科学会認定専門医である常勤医と、4名の非常勤医体制で、近隣の診療所、病院など地域の医療機関と連携をとりながら診療を行っています。外傷を中心に慢性疾患まで幅広い整形外科疾患の保存、手術療法を行っています。

診療指針

早期診断、早期治療を目指し、安心して気楽に相談いただける地域のかかりつけ医療機関になることを目標にしております。

診療科の特色

スポーツや事故による骨折や靱帯断裂などの外傷、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、頚椎性脊髄症などの脊椎疾患、変形性膝関節症や変形性股関節症などの慢性疾患、骨粗鬆症などを当科では診療しています。また当科で扱わない特殊な分野の疾患に対しては適切な専門施設にご紹介させていただいております。

治療方針

骨折や靱帯断裂などの外傷に対しては、単純レントゲン写真に加えて、必要に応じCT検査やMRI検査を追加して、的確な治療法を提供します。特に関節周辺の骨折は積極的に手術療法を行い、機能障害が残らないように心がけています。
脊椎変性疾患は外来で徹底した保存療法を行い、痛みや歩行障害が顕著なものには、適応を選んで除圧術や固定術を行っています。
変形性膝関節症や変形性股関節症などの慢性疾患に対しては、患者さんの状態や重症度にあわせて、保存治療(手術をしない治療)から手術治療までを提供致します。脊椎や関節疾患に関して内視鏡などの医療機器(最先端のフルハイビジョンシステム)を駆使した手術も行っています。
最近では、高齢患者さんが急増していますが、経験豊富な療法士が受傷翌日、手術翌日からリハビリを行い、元の生活レベルまで回復できるよう努めています。
なお当院には回復期リハビリ病棟がありますので、疾患によっては術後のリハビリテーションに十分時間をかけて治療を行っています。

疾患分野

外傷

高齢者の大腿骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折、成人の鎖骨骨折、下腿骨骨折、関節内骨折など、骨折全般に及んで対応しています。なお粉砕骨折に対する治療として超音波治療を併用しています。さらに骨折のみならず脱臼、捻挫、腱断裂などの診療も行っています。

脊椎疾患

頸椎、胸椎、腰椎の領域の疾患を取り扱い、急性腰痛症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離症、すべり症、頸髄症、後縱靱帯骨化症、脊椎外傷、感染性脊椎炎、骨粗鬆症性圧迫骨折などの疾患の診療を行っています。

また当科では最先端のフルハイビジョン脊椎内視鏡システムを導入することで、より安全な内視鏡ヘルニア摘出術(MED)内視鏡下椎弓切除術(MEL)を行っています。

関節疾患

変形性膝・股関節症、リウマチ性関節炎、特発性骨壊死症、膝半月板損傷や十字靱帯・側副靱帯損傷を含む膝スポーツ外傷の診療を行っています。

一般整形外科疾患

四肢のしびれを症状とする手根管症候群や肘部管症候群などの種々の末梢神経障害の電気生理的診断と手術、手指狭窄性腱鞘炎(バネ指)、外反母趾の手術などを行っています。

骨粗鬆症

レントゲン検査であるDEXA、採血による骨代謝マーカーによってスクリーニングと診断を行い、骨粗鬆症の程度に応じた薬物療法を行っています。内服薬にはdaily(毎日内服)、weekly(毎週内服)、monthly(毎月内服)製剤と、weeklyの経口ゼリーを用意し、少しでも患者さんのご希望に合わせた治療を行っています。また骨粗鬆症の重症患者さんに関しては点滴や皮下注射の治療を積極的に勧めていますので、特に60歳以上の方で未検査・未治療の方は、是非当院で検査を受けて担当医の適切なアドバイスをお聞き下さい。早期に骨粗鬆症と診断し治療することで、骨の劣化を抑制し将来の骨折を予防することができると我々は考えています。

ドクター紹介

部長 / 納田 真也(のうだ しんや)
・医学博士
・日本整形外科学会 専門医
・日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
・日本整形外科学会 認定リウマチ医
・日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
・日本脊椎脊髄外科指導医
・日本骨粗鬆症学会認定医
医員 /和田 浩伺(わだ ひろし)
・日本整形外科学会 専門医
医員 /松山 洵也(まつやま じゅんや)
リハビリテーション科センター長 /下 裕司(しも ゆうし)
・日本整形外科学会 専門医
・日本リハビリテーション医学会 臨床認定医
・日本リウマチ学会 専門医
・日本整形外科学会 認定リウマチ医
・日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
・日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
・日本整形外科学会 認定スポーツ医